サッカービブスの素材について

Our Score

サッカービブスはどのような素材で出来ているのでしょうか。

サッカービブスとは

 

サッカービブスとは、ユニフォームの上から着るベスト状のゼッケンの事です。 チーム毎に色分けをするのに使用します。 また、審判用もあるので、選手と審判の区別にも便利です。

ゼッケンとの違い

 

ゼッケンの語源は、一説にはドイツ語で「覆う」という意味の言葉です。日本では、競技者の衣服の前後につける番号を記したアイテムを示す用語として普及しました。 もうひとつの説は、同じくドイツ語の「目印」を意味する言葉が由来ともされています。 多くは布で出来ていて、ユニフォームの前後に縫い合わせるものです。 ゼッケンとビブスの違いは、というよりもビブスはゼッケンの一種であるとわかります。

サッカービブスに使われている素材

 

サッカービブスに使われている素材ですが、基本的にはメッシュ生地です。汗をかくので速乾性が大切になってきます。軽くて伸縮性もあるので、動きを阻害しません。また、洗濯してもすぐ乾きます。 ビブスのタイプはいくつかあり、布を縫い合わせたタイプのものが一般的です。他には、脇の部分は縫わずにゴムをつける事により体格を選ばないものもあります。 サッカー以外での使用になりますが、少し丈の短めなものもあります。 また、背番号や文字、ロゴなどを入れる事も可能です。オーダーする会社によって文字入れの方法が多少違いますので、一番適したものを選びましょう。

サッカーについて

 

サッカーは蹴球とも呼ばれ、長方形のグラウンドで行なう団体スポーツです。1チーム11人で、2チームの対戦となります。手や腕以外の身体を使い、ボールを運びます。グラウンドの短い方にそれぞれのゴールがあり、敵ゴールにボールを叩き込むと1点入ります。試合時間が決められていて、満了時に得点の多い方が勝ちとなります。同点の場合はPK戦とよばれる延長戦に突入します。大会によっては延長戦を行なわない事もあります。

まとめ

 

サッカーは大きなグラウンドに22人の選手が入り乱れます。そこへ審判もいるので、観戦する時にわかりにくい事もあります。 もちろん、試合ではユニフォームが各チーム違うので、それを目印にしてもいいですが、練習時の試合や、学校、趣味での試合などはそうはいきません。 そういう時に活躍するのが、サッカービブスです。ユニフォームの上から着られるベスト状なので、試合毎に交換するのも楽です。 素材はメッシュ生地が多く、軽くて伸縮性もあり、速乾性も抜群なので動きを邪魔せず蒸れもありません。大いに走って汗をかくスポーツですから、通気性がいいのは大きな利点です。