サッカービブスの手入れ方法を紹介

Our Score

サッカーの試合で選手が着ているベスト状になっている、背番号がついているサッカービブス。選手は一体何のために着ているのでしょうか。サッカービブスの目的、手入れ方法なども一緒にご紹介していきます。

目的

 

サッカービブスはチーム内の紅白戦や練習試合などで相手チームと区別をつけるために着用したり、試合中に控え選手が着用したりします。試合中に控え選手がサッカービブスを着ているのは、試合に出ている選手と区別するためで、ウォーミングアップしている選手はピッチ横で立って動いているので、審判が見間違えないようにするためです。オフサイド判定のときなど、混乱を招かないようにという配慮からです。また、スタジアムではメディア報道陣、カメラマンも着ていますね。これも同様な理由で、審判が見分けやすくするためです。

素材

 

サッカービブスはほとんどのものがポリエステル100%で、伸縮性のあるタイプのものや、脇サイドがゴムになっているものもあります。色はカラフルなものが多く、着用目的を考えると目立つことが大切です。マラソン大会などでも着用されることがありますが、その場合、スポンサー名などがプリントされていたり、ワッペンがつけられたりすることも少なくありません。市民スポーツ大会などで、カラフルな色のサッカービブスに白字に番号かかかれたものを貼り付けるなどしているのも目にすることがあります。スポーツを実施する団体であれば1セット用意しておくことでさまざま活用方法がり、重宝するアイテムです。

手入れ方法

 

ポリエステル100%のものであれば手入れ方法は難しくはありません。たとえば、中性洗剤を使っての手洗いです。何かがプリントされているのであれば、手洗いが一番でしょう。洗濯機を使う場合は洗濯ネットを使用したほうがいいでしょう。サッカービブスを裏返して、ネットに入れて弱めや手洗いモードで洗ってください。脱水も軽めにして、直射日光があたる場所でなく、日陰で乾かしたほうが色あせなどを防ぐことができます。アイロンも不要です。他の素材の場合素材に合わせた方法を考えなければいけませんが、いずれにしても汚れたらなるべく早く洗うのが一番の手入れ方法といえます。

まとめ

 

サッカーで使用するときは、チームにワンセットは必要です。出場選手以外の人たちと選手が混同しないためのアイテムですが、ゲームをスムーズに進行するため、選手や審判に配慮したよく考えられた優れものといえるでしょう。