サッカービブスとは?

Our Score

サッカービブスは、チームで揃えなくてはならないアイテムです。では、ビブスとは何なのか、詳しくみていきましょう。

スポーツについて

 

スポーツとは、一定のルールに従って営まれる競技のこと。 肉体的なスポーツと知的スポーツ、技量的スポーツといった伝統的な分類があります。更には近年では、ロケーションに注目したマリンスポーツや道具に注目したイースポーツなどの新しいジャンルが開拓されています。 アクティビティとの違いは、競技的要素を含むか否かという点です。 元々、スポーツとは狩猟を指していました。しかし近代になり整備されたルールにのっとって運営されるようになり、それが広まりました。

サッカーとは

 

では、スポーツのひとつであるサッカーを詳しくみていきましょう。 サッカーは蹴球とも呼ばれ、丸い球体を用いて1チーム11人の2チーム間で行なわれるものです。 他のフットボールとの違いは、手の使用が極端に制限されているという事です。 少人数制のルールもあり、最低でも7人いれば試合が成立します。長方形のグラウンドの短い方にゴールがあり、足でボールを操って敵ゴールを攻めるものです。基本的には足を使いますが、手や腕以外の身体の部分は使用してもいい事になっています。各チームに1人だけ、手を使ってもいいポジションがあります。それは、ゴールキーパーです。もちろん、手を使えるエリアは限定されています。 試合には制限時間があり、その満了時に試合終了となり、得点の多いチームが勝ちとなります。

サッカービブスとは

 

サッカービブスとは、なんでしょうか。少々聞き慣れない言葉ですが、ゼッケンと聞くと、納得出来ると思います。 ビブスという言葉は胸当てやよだれ掛けという意味を持っています。サッカーなどの競技で用いられるビブスは、チームの区別をつける為に着る、ベスト状のものを指します。 チーム毎に色を変える事により、区別をするのです。 また、番号やチーム名を入れる事も可能なので、チームだけでなく個人の区別も出来る様になります。 ゼッケンというと、布を縫いつけたものなども含まれる為、多少の意味の違いが生じます。

まとめ

 

スポーツの起源は古く、こんにちに至るまでにルールが整備され、安全に競技出来るものに変わりました。また、さまざまなスポーツに分類され、その種類は多岐に渡ります。 その中でもサッカーは人気のスポーツで、オリンピックやワールドカップなども開催されています。団体競技故に個人個人の能力はもちろん、協調性や意思の疎通など、チームメイトと力を合わせる必要があります。少年サッカーなどでそういった事を培う為に走り回っている子どもたちも多いです。 サッカービブスとは、そんなサッカーをする人たちにとって必要なものです。ベストの形になっているためユニフォームに縫いつける必要も無く、試合毎に付け替えるのも楽で便利<です。