サッカービブスの種類について

Our Score

サッカービブスにはどの様な種類があるのでしょうか。

そもそもサッカーとは何か

 

サッカーとは団体スポーツの一種です。長方形のグラウンドの短い方にゴールがあります。1チーム11人で構成され、2チームの対戦を行うものです。蹴球とも呼ばれ、ボールを足で敵ゴールまで運びます。試合時間が決められていて、満了時に得点の高い方が勝ちとなります。 ポジションは、ゴール側から、ゴールキーパー、ディフェンダー、ミッドフィールダー、フォワードの4種類があります。ゴールキーパー以外は更に細分化出来ます。 この中でゴールキーパーだけが、限られたエリア内だけですが、手を使う事が許されています。他のポジションについては、手や腕の使用は禁止されています。逆にそれ以外は使っていい事になっています。

サッカービブスとは

 

Rieさん(@rie_gd_daiski)がシェアした投稿

サッカーはわかりましたが、サッカービブスとは何でしょうか。 ビブスとは、よだれ掛けや胸当てという意味を持っていて、サッカービブスはベスト状のゼッケンと考えるとわかりやすいです。各チームを色分けするのに便利です。 グラウンドで両チームが入り混じるので、遠目でもどちらのチームか判断出来ます。 試合毎に違う色に交換するのも楽なので、便利なアイテムです。

サッカービブスの種類

 

サッカービブスの種類はどのくらいあるのでしょうか。 厳密に言うと、それは多種多様で、いくつと定められるものではありません。 何故なら、ビブスは色がついているだけではなく、背番号やチーム名を入れる事が出来るからです。 単なる色分けでチームを見分けるだけではなく、個人の特定をする事も可能なのです。 チーム名を入れる事により、チームの一体感が生まれます。また、ロゴを組み込む事も出来るので、その種類は無限に広がります。

まとめ

 

サッカーの試合となると、観客や監督は遠目からグラウンドを見渡る事になります。 その時に似た様なユニフォームや、チームで統一されていないユニフォームですと、選手が入り乱れるのでどちらの選手かわからなくなります。 そんな時に活躍するのが、サッカービブスです。ユニフォームの上から着る事が出来るので、さっとつけて試合に臨めます。 チーム毎に色分けされれば、見ている方はわかりやすく、また、選手も自分のチームメイトを把握しやすいという利点があります。 各チームの色は似通っていない事が前提で、背番号がついていると更にわかりやすいです。 チームでオリジナルのものを作ってもいいですね。