チームコンセプトがプリントされたサッカーウェアについて

Our Score

プロサッカー公式戦やサッカー日本代表の国際親善試合等のテレビ中継を観ていると、試合開始前のウォーミングアップ時やベンチの控え選手がサッカービブスを着用しています。社会人や学生のサッカー及びフットサルのチームでもトレーニングやチーム内の練習試合の時に使用しています。最近は、スポーツ以外の場面でもビブスを利用して人員管理をしています。このサッカービブスについて詳しくご紹介します。

なぜ、サッカー等のスポーツ競技でビブスが必要なのか

 

まず、サッカービブスが必要となる理由は、選手を区分けするためです。例えば、スターティングメンバーとサブメンバーの区別やチーム内で行われる紅白戦の際、チームの区分けを明確にするため等に利用されています。このサッカービブスは、サッカー以外のチームスポーツ競技でも頻繁に使われている必須アイテムなのです。また、プロサッカーの大会では、大会スポンサーの企業名やブランド名などがオリジナルにプリントされたサッカービブスを見かけます。これは、大会告知や販促プロモーションにも貢献しています。

サッカーなど競技選手以外でもビブスが積極的に活用されています

 

マラソンやウォーキング大会を支えるボランティアがオリジナル製作されたサッカービブスを着用し、ご案内やコース管理を行っている姿を目にします。また、物販イベントや展示会ブース会場でも自社ロゴマーク入りのオリジナルのサッカービブスをユニホームとして着用し、来場者の視覚に訴えかけています。

デザインや素材、機能性など製品の特徴

 

通常、サッカービブスのデザインはベストタイプとなり、ユニホーム等の上から被ることとなります。フィット感はゆったりシルエットなので動きやすく気になりません。素材は、屋外で着用することを想定しているため一般的にポリエステル素材が多いです。機能性は、通気性が良く蒸れにくく軽量な生地を用い、スポーツ視点で製造開発されています。洗濯は、ポリエステル素材ですから毎日、自宅で簡単に洗えます。

チームの士気も高めるオリジナルビブス

 

大会に臨む意気込み等モチベーションアップを狙いにサッカービブスをオリジナル作成する取組みがあります。チームを鼓舞するキャッチコピーをビブスにプリント転写します。今では、インターネットサイトに多くの製作業者がホームページを開設していますから簡単に注文できます。

まとめ

 

ある企業では大規模災害訓練時に、救急班や消火班など役割別にサッカービブスを作成し、訓練していました。このようにサッカービブスは人の区分けや区別だけでなく、幅広いシーンで役立つ優れ物なのです。